刀剣の魅力に迫る

刀剣の手入れについて

刀剣は刀身に油が塗られている為、油を塗り替える必要がありその為の手入れ用品には、刀身と柄とを固定させている目釘を抜く目釘抜きや古い油や汚れをを拭う紙、刀身のゴミや汚れを浮かすための打粉、丁子油と言われる刀身の錆を防止する油、油を塗るときに使われる紙があり、一つ一つの用品は市販されているものが多いのですが、初めて手入れを行う方はセットで購入されるのが良く、手入れの期間は月に1回程度行うのが良いです。きちんと手入れをしているのに錆びる場合がありますが、その場合は鞘の中に汚れや錆が残っていたり刀剣と鞘が接触しているため錆びる場合もありますので専門の職人に相談して直す必要があります。

刀剣が錆びてしまった場合は、専用の用品を持っていても素人が研いだりすると刀剣を破損する可能性があるので、研ぎ師に研いでもらう必要があります。保存する場所にも注意が必要で、湿度が少ない場所に横にして保存するのですがナフタリンなどがあると錆の原因になりますので避けなくけなならず、湿度が低すぎてもいけないので保管場所を吟味する必要があります。